最近の連載中のキン肉マンについて

Webで「今週のキン肉マン」と検索すると、週刊プレイボーイのキン肉マンが見れます。

久しぶりすぎる主人公の登場なのに、出す技出す技全て封じられたり先読みされて、本当に戦いにくそうです。

ネメシスが規格外に強いことはラーメンマン戦とロビンマスク戦でよくわかりました。

そんな中話は変わりますが、ノアの値引きについて誰かご存知の人はいないでしょうか。とある事情があって新車に買い換えなければいけないのですが、少しでもノアを安く変える方法を探しています。とりあえず一つ見つけましたが数はたくさんあった方がいいですから。

http://xn--w8j7ixe068j2tbz53bx3x.xyz/

しかし、打撃も良し柔軟性も良し頭も良しと死角が見当たりません。
ここからキン肉マンがどう逆転するのか読者の誰も予想できないと思います。

はたまた スグルが負けてしまうのかとか考えてしまいます。

ネメシスを倒しても真の黒幕が残っているし、謎が謎を呼ぶ展開となっております。
8月に行ったクラシックコンサートで毎日クラシックを聴くようになりました。会場でバイオリンとチェンバロの素敵な出会いがあったんです。そして、演奏者とも。バイオリンの深くて心に沁みる音色は聴いたことがあっても生だとさらに感動です。チェンバロという楽器は指で鍵盤を押すところがピアノと似ているんだけど、優雅で明るい音色がします。ピアノもいいけど、華やかさがあるチェンバロの音いいな。ソロ演奏と二重奏があり、二重奏ではバイオリンとチェンバロって素敵な組み合わせだと思わせてくれました。演奏者のトークも、また楽しい。暑い中会場に足を運んでくれたことの感謝の気持ちを素直に伝えて、ユーモアある説明でチェンバロの魅力を理解してもらおうと頑張っていました。知らない楽器の魅力を伝えていくのって、難しいことだと思います。チェンバロはバロック時代に貴族の間で使われていた楽器だと説明があったとき、中学の音楽の授業で勉強していたこともあり、モーツァルトやバッハが浮かびました。非常に想像しやすかったです。演奏会が終了すると演奏とわかりやすい説明のおかげで興味を持った私はCDをつい買ってしまいました。15種類ほどのCDが並んでいて、たくさんアルバムを出している方なんだと思った。バイオリンとの二重奏、チェンバロの名曲集、バッハとモーツァルトに特化したアルバムなどがあって選ぶのに悩んだけど、チェンバロの名曲に決めました。演奏者にサインまでしてもらい、少しだけ言葉も交わし、思い出に残る日となりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です